大崎コミュニティのご紹介

コミュニティからのお知らせ

● 28.5.11  かわら版 5月号更新しました。

コミュニティからのお願い

Facabook

かわら版 2月号

かわら版5月号 1
かわら版5月号 1
かわら版5月号 2
かわら版5月号 2

活動状況

 

11月29日(日)【第37回大崎地区親善ファミリーバレーボール大会】の様子です。

 

体力づくり部会では、11月29日(日)に大崎小学校・中学校体育館にて第37回大崎地区親善ファミリーバレーボール大会を行いました。

 

当日は小雨がしとしと降り続き、気温も低めでしたが、地区チームに中学生チームを加え9チームで熱戦をくり広げました。

 

(当初10チームの予定でしたが、チーム「イレブン」は残念ながら人数が揃わず棄権となりました)

 

結果は以下の通りです。

 

 優勝:西1ガンバ

 準優勝:三竹ペガサス

 3位:チェリーブロッサム

   :ビアーズ


 

  11月22日(日)環境美化部会【PTCAボランティア】の様子です。

 

当初の予定は11月8日(日)でしたが、雨天のため、大崎中学校のグリーンカーテンの撤去と収穫したヘチマの加工のみの作業となりましたので、22日(日)に地域の花壇整備を行いました。

 

花壇はきれいに整えられ、きれいな花が植えられました。

 

参加していただいた皆さんありがとうございました。



 

 

 10月18日(日)大崎小学校 崎っ子作品展 コミュニティの部屋の様子です。


毎年、崎っ子作品展の時に大崎小学校の教室をお借りして、「コミュニティの部屋」を行っています。

ここでは、大崎コミュニティのPRとして、活動紹介の展示と子どもたちが描いた防犯ポスターの展示、子どもたちに工作・遊びの体験コーナーを設けています。


工作の体験コーナーとして、手作りキャンドルとフラワーアレンジメントを行いました。

手作りキャンドルは今年が初めてで手さぐり状態でした。150人分を用意していましたが、1時間ほどで整理券がなくなり、フラワーアレンジメントも午後早々に終了となりました。

あっという間になくなったことから、手作りキャンドルの整理券をもらえない子もいたようで、来年はこういうことのないようにと即座に反省しました。


キャンドルもフラワーも、特にキャンドルのお手本はパンダでしたが、同じパンダでも出来上がった作品は個性いろいろ!まさに「みんなちがって、みんないい」でした。


一方、遊びの体験コーナーでは、スカットボールと輪投げを行いました。

スカットボールとは、室内でできる簡易型ゲートボールなのですが、初めてでも子どもたちは上手!

最初の練習で高学年の子が高得点を出したため、景品がもらえる点数を高めに設定したら、景品がたくさん残ってしまいました…来年はもっと子どもたちを楽しませるぞ!とこちらも反省です。


スカットボールは、スタッフにとってボールを回収したり、セットしたりでなかなかの重労働…

そんな時に、その場にいた子どもたちがボールを拾ってくれたり、ルールを説明してくれたり、自然にお手伝いをしてくれました!

「コミュニティの部屋」をやってよかったな、と思う瞬間でした。崎っ子作品展での「コミュニティの部屋」を通じて、子どもたちにもボランティアの輪が広がるといいですね!


10月16日(金)すこやかサロン大崎の様子です。


すこやかサロン大崎は、60才以上の方を対象に、4月と8月と12月を除いた月一回、サンファームで行っています。月がわりで体操などを行った後にお茶のみ会をします。

今月はスカットボールと食推さんが作る昼食をいただく昼食会でした。

秋日和の非常にお天気のいい日で、大勢の参加でした。

会員さんの中にはスカットボールが今回初めての方もいらっしゃいましたが、

教え合ったりボールの行方を見ながら声を出したりして、皆さん楽しまれていました。

今回、食推さんが作った昼食のメニューは、塩麹で漬け、油無しで焼いた旨味タップリの鶏肉❗と秋の味覚の具だくさんキノコ汁❗です。

皆さん楽しそうにお話ししながら、おいしそうに召し上がっていました。

 

10月4日(日)第52回大崎地区体育レクリエーション大会を行いました。


前日まで天気がよく、大崎中学校グラウンドで行う予定で準備を進めてきました。 

しかし、夜間に雨が降り、グラウンド状況が悪化したため、大崎中学校体育館での開催となりました。


屋内での開催のため、地区対抗の「障害物リレー」が「ぞうきんリレー」に、同じく地区対抗の「ハイ!満タン」が「ムカデ競争」に変更となりました。

「障害物リレー」は以前人気で要望が多く、今回復活しようとした矢先に競技の変更となりました。


会場が狭くなったことで、出場者や応援団の方々は窮屈な思いをされたようですが、それにより競技を間近で見たり、また隣同士になった地区外の人たちとの距離も縮まり、交流を図るためにはプラスになったのではないでしょうか。

今回のような行事を通じ、初めて名前を聞き、顔を見た人たちがおられたと思いますが、一朝有事の際にはそのような接点が思わぬ力を発揮してくれるものと信じております。

体育レクの楽しいひとときで、大崎地域全体の絆を強く深められることができたのであれば、幸いに思っております。


以下、競技の結果です。


【地区対抗】綱引き

優勝:中新、準優勝:北入蔵1・2丁目、第3位:西大崎2丁目


【地区対抗】ムカデ競争

優勝:三竹2・3丁目、準優勝:北入蔵1・2丁目、第3位:中新


【地区対抗】驚異の二段玉入れ

優勝:麻布、準優勝:北入蔵1・2丁目、第3位:中新


【地区対抗】ぞうきんリレー

優勝:三竹2・3丁目、準優勝:西大崎1丁目、第3位:北入蔵3丁目


どんぐりころころ大玉おくり

優勝:白組(東大崎1・2丁目、柳沢、篭場、麻布、中新、松ノ木町)

準優勝:紅組(西大崎1丁目、西大崎2丁目、西大崎3丁目、三竹1丁目、三竹2・3丁目、下坂井、北入蔵1・2丁目、北入蔵3丁目)


 

大崎コミュニティは、9月25日(金)に、東日本大震災で三条市に避難している方たちの

 ための交流ルーム「ひばり」に寄付を行いました。

 

今年7月26日(日)に行った「どんぐりころころ広場2015」。

 

このまつりは、福島からサンファームに避難していた方たちに楽しんでいただこうと2011年に行ったのがきっかけで、今年は「福島応援隊」をキャッチフレーズに、「福島への思いを忘れない」という思いを乗せて、毎年行っています。

 

福島から避難している方たちに、何かのお役に立てていただけたら…そんな思いから、このまつりの中のコミュニティのフリーマーケットの売上金を寄付しました。

 

交流ルーム「ひばり」の佐竹さんは、「思いを寄せてくれる気持ちがありがたい」と大変喜んでいらっしゃいました。



8月9日(日)大崎山山頂公園 一斉清掃を行いました。



環境美化部会では、8月9日(日)に大崎山山頂公園 一斉清掃を行いました。

 

早朝から集まってくださった30人ほどで草刈りをし、大崎山がきれいになりました。

 

暑い中、ご協力ありがとうございました。


6月30日(火)にコミュニティ先進地の視察として、

 

長岡市栖吉コミュニティセンターと新潟市新津地域交流センターに行ってきました。 

それぞれ管理をされている、栖吉地区コミュニティ推進委員会様、新津中央コミュニティ協議会様にあたたかく出迎えていただき、施設見学とお話を伺ってきました。

 

どちらも市からの強力なバックアップと、立ち上げ当初に既存の組織を改組し、自治会・町内会が中心となってコミュニティ活動を運営しています。

 

それぞれの立場が明確に位置づけされることにより、運営がスムーズな印象を受けました。

 

また、大崎同様に次期役員のなり手の発掘や若返り化に苦心する姿が見受けられました。

7月12日(日)【第37回大崎地区親善ソフトボール大会】の様子です。

 

体力づくり部会では、7月12日(日)に大崎小学校・中学校グラウンドにて第37回大崎地区親善ソフトボール大会を行いました。

 

当日は熱中症が心配されるほどの好天に恵まれ、地区チームに中学生チームを加え11チームと女子2チームで熱戦をくり広げました。

 

結果は以下の通りです。

 

男子Aブロック

 優勝:北入蔵サンダーズ 準優勝:中新ビーグルス 3位:大崎中3年、大下ソフト

 

男子Bブロック

 優勝:柳沢ボンバーズ 準優勝:二丁目モンチッチ 3位:西大崎1丁目、下坂井

 

女子 優勝:篭場 準優勝:中新チェリーズ

 

 

7月26日(日) どんぐりころころ広場2015】の様子です

 

7月26日(日)にサンファームにて、『どんぐりころころ広場2015』を行いました。

今年は大崎コミュニティ発足10周年を迎え、どんぐりころころ広場2015を盛大に開催いたしました。

 

オープニングセレモニーで山谷自治会長協議会長をはじめとする来賓の方々より激励のお言葉をいただき、まつりがスタートしました。

 

過去4回、天候に悩まされ続けてきましたが、今年ははじめから好天に恵まれ、客足も好調でした。

 

熱中症予防として、屋内で冷房の効いた飲食スペースを設けたことにより、小さなお子様連れなどは喜んでおられたようです。

 

催し物は、例年人気のじゃんけん大会やミニライブに加え、今回は大抽選会を実施し、多くの来場者から喜びの声が届きました。

 

また、今回初めて『大崎ころころ焼き(お好み焼き)』や『フレッシュフルーツ』を新メニューに加え、大好評でした。

 

回を重ねてはきましたが、準備不足で来場者の皆様にご不便やご迷惑をおかけした部分もあるかと思います。

 

今後の参考にさせていただき、すばらしい地元のまつりとして定着させていきたいと思っております。

 

さて、今回も「福島応援隊」というキャッチフレーズでまつりを開催したわけですが、「福島県への思いを忘れない」という思いから、大崎コミュニティが出店したフリーマーケットの売上げを、避難者の交流施設へ寄付し、役立てていただきたいと考えております。

 

皆様方のご協力、大変ありがとうございました。

 

行事予定表

Facebookページはこちら!
Facebookページはこちら!

お問合わせ

 新潟県三条市東大崎2-14-9

 TEL/FAX: 0256-47-1061

 10:00 ~ 14:00 (月・水・金)